地域情報:若桜町

きりぞうブログ
メールで送る
コーナー
コーナー
New

若桜宿まち並み鑑賞会

投稿者:めぐリズム

20180922matinami1.JPG

鳥取県若桜町 若桜駅

20180922matinami2.JPG 20180922matinami3.JPG 20180922matinami4.JPG

かつて宿場町として栄えた町で、まち並み鑑賞会が開催されました。

20180922matinami5.JPG 20180922matinami6.JPG 20180922matinami7.JPG

若桜宿には灯籠が設置され、寺通り、蔵通り、仮屋通りが独特の雰囲気にコーディネイトされていました。

月の明るい夜、浮かび上がる町並みのシルエットも美しく、

ダイニングカフェ新」では三味線や尺八の演奏が行われていて、ムード満点です。

20180922matinami8.JPG 20180922matinami10.JPG

「新」の庭には露店も出て、訪れた方々でにぎわっていました。

20180922matinami9.JPG

「新」のオーナーご夫妻が提供しておられた、串揚げセットをいただきました(*^^)v

20180922matinami15.JPG 20180922matinami14.JPG

ガイドさんと共に、まち並み鑑賞ツアーに出発です。

20180922matinami16.JPG

若桜をすべて盛り込んだマンホールの蓋です。

若桜の町名にもある桜、氷ノ山、かつて豪雪地帯だったということで雪のマーク。

清流のまちとして、美しい水の流れは、今でも若桜の自慢です。

昔は雪で埋もれた時期の貴重なたんぱく源として、鯉を飼うお宅が多かったのと、

鯉料理は若桜の名物でもありましたので、鯉も描かれています。

20180922matinami17.JPG 20180922matinami18_1.JPG 20180922matinami19.JPG

20180922matinami20.JPG 20180922matinami21.JPG

 

20180922matinami45.JPG 20180922matinami46.JPG

家と道路との間にあたる幅1.2mほどのひさしのついた私道で、

豪雪地帯である若桜ならではのユニークなアーケードです。

昔はこれが続いていて、雪や雨の日でも傘をささずに通り抜けができました。

20180922matinami23.JPG 20180922matinami24.JPG 20180922matinami29.JPG

昭和時代を彩ったおもちゃの数々が見学できる「昭和おもちゃ館」

今では見かけることも少なくなった駄菓子や、おもちゃを販売しており、

タイムスリップした気分を味わうことができます。

20180922matinami26.JPG 20180922matinami28.JPG

テレビ東京系列放送の「開運!なんでも鑑定団」に

自慢のコレクションを持って出演された経歴もあるコレクター「竹中」氏の

秘蔵のコレクションが所狭しと展示されています。

また、竹中氏が細部までこだわって制作された、

長さ3mにもなる若桜鉄道沿線ジオラマ(Nゲージ)も置かれています。

20180922matinami30.JPG 20180922matinami31.JPG

20180922matinami32.JPG 20180922matinami33.JPG

20180922matinami36.JPG

月光仮面です。なんとなく名前だけは知っているという方も含め、

リアルタイムで楽しんでおられた方と共に、大いに盛り上がっていましたよ(^_^)v

これはなかなかよそでは見られない展示かもしれませんね♪

20180922matinami44.JPG 20180922matinami42.JPG

平成27年8月にオープンした築約100年の古民家(旧中尾邸)を改修した施設、「若桜民工芸館」

若桜町に縁のある方々の民工芸品を展示されていて、土鈴の展示は2,000点にも及びます。

若桜の伝統的な町屋造りと庭園を見ながら、くつろげる場所です。

20180922matinami48.JPG

往時の若桜宿の繁栄ぶりをしのばせる、旧家の白壁土蔵群の通り

20180922matinami51.JPG 20180922matinami50.JPG

ツアーを終えて、「新」まで帰ってくると、フォークソングの調べが・・・

レトロなまち並みを堪能した後は、昭和の歌謡曲で癒されます。

20180922matinami53.JPG

宴もたけなわではありますが、月に見送られて、家路につきました。

 

 

きりぞうからメッセージ

若桜宿の夜のまち歩き、風情があっていいねぇ。

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム

20180607niku_0001_page001.jpg

●ニクロードウォーク参加者の皆様へ

「7月28日~29日のニクロードウォーク 中止のお知らせ

 29ロードネットワークス事務局です。

7月28日(土)~29日(日)のウォーク開催についてのお知らせです。

 標記の件につきまして、台風12号の中国地方への接近による天候悪化、激しい風雨、

また交通機関の運休等が予想されるため、7月28日(土)~29日(日)に予定しておりました、

「ニクロードウォークVol.4」を中止させていただくことになりましたので、

お知らせいたします。

今回のウォークの代替開催はございません。

なお、本年10月下旬と11月上旬に、昼間に歩き肉を楽しむウォークの開催を予定しております。

日程が決まり次第、29ロードネットワークスのFacebook等でご案内させていただきます。

 

以上、ご参加予定の皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、

台風接近につき、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2018年7月27日(金)

主催者 29ロードネットワークス

きりぞうからメッセージ

台風12号の中国地方への接近による天候悪化、激しい風雨、交通機関の運休等が予想されるため、7/28(土)~29(日)の「ニクロードウォークVol.4」は中止させていただくことになりました。

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:いっちー

20180711geo3.jpg

ユニークな顔が並んでいますが、さて、これな~~んだ!?

20180711geo.JPG 20180711geo2-2.jpg

こちらは岩美町のジオコムスステーションです。

並んでいるのは一人乗り用EV車。

ボディには魚介のイラストが描かれていて、お好きなものに乗ることができます。

タコ、カニ、イカ、サメ、サバ・・・高級魚のどぐろや、ばばちゃんもあります!

 

好きな車両をえらん選んだら、さっそく操作のレクチャーを受けます。

20180711geo6.JPG

普通免許があれば、余裕です!

20180711geo8.JPG

では出発しましょう!

20180711geo10-2.JPG

絶景スポットの一つ「網代隧道」を抜けて・・・

20180711geo10.JPG

城原海岸到着!

美しい海と景観を楽しみます。

20180711geo11.JPG 20180711geo12.JPG

田後港では、漁港の風景を堪能

20180711geo13.JPG

海の香りがするね~

20180711geo14.JPG

みんなで連なって走ります。

先頭はのどぐろ号、続くのはサメ号、イカ号です。

風がきもちいい~~note

20180711geo15.JPG

浦富海岸で記念撮影!ハイ、チーズ!camera

20180711geo16.JPG

浦富海岸にある荒砂神社は、アニメ「Free!」では有名な聖地巡礼スポットです!

20180711geo17.JPG

20180711geo18.JPG 20180711geo19.JPG

西脇海岸展望駐車場

20180711geo22.JPG

20180711geo20.JPG

20180711geo21.JPG 20180711geo23.JPG

海も空も綺麗だと、なんだかテンションが上がっちゃう!

とにかくはしゃぐはしゃぐupupup

20180711geo25.JPG

サメに襲われている白うさぎを表現しました(笑)

20180711geo26.JPG

アニメの世界へようこそコースは、町内に点在するおすすめの聖地巡礼スポットを、

ジオコムスの乗って巡りますよ。

他には「ジオパーク絶景コース」もあります。


今だけの特典 ↓

20180711geo27.jpg

ご予約はこちら ↓

bnr-01_l.png

きりぞうからメッセージ

アクテビティ機能満載のジオコムス!これなら観光も楽々だね~♪

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム

20180607niku_0001_page001.jpg

今年も”肉歩き”の時期がやってまいりました。

国道29号線(ニクロード)を若桜町から鳥取駅まで夜通し歩きます。

エイドステーションで肉料理を食べて、カラダとココロに元気をチャージ。

お楽しみゴール後は「肉パーティー」で盛り上がろう!

これまでに790名が完歩しました!

今年もみんなで暑い夏にしましょう♪

きりぞうからメッセージ

今年も29ロードの夏がやってきました!

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム

20180609amatu19.JPG

さて、智頭駅を出発した「あまつぼし」は、

途中恋山形駅で降車して「恋山形駅5周年記念イベント」を見学。

その後、河野原円心駅で皆さんには下車していただき、

そこからは神姫観光バス「Yuttarina」で平福宿に向かいました。

20180609amatu33.jpg

バスの車内でもスイーツが提供されました

兵庫県赤穂/陶酔房:もろたまプリン

20180609amatu23.JPG

宿場町 平福

今に残る町並みは、江戸時代初期、池田氏により城下町として整備されました。

一国一城令により利神城が廃城となったため、城下町としての歴史は短かったが、

その後、陣屋や鳥取藩本陣が置かれ因幡街道有数の宿場町として発展しました。

南北1.2kmの区域300戸余りの家の約8割に屋号がつく商人の町となり、

昭和初期まで因幡街道・佐用の中心として繁栄しました。

 

そんな平福宿をガイドと共に町歩きします。

20180609amatu20.JPG 20180609amatu22.JPG

平福宿ガイドの春名さん

20180609amatu21.JPG

平福道の駅では、縁起のいいツバメにも出会いました

20180609amatu24.JPG 20180609amatu25.JPG

20180609amatu27.JPG 20180609amatu26.JPG

20180609amatu28.JPG

住民の方の心遣いが嬉しいですね

20180609amatu29.JPG

交番もなんだかおしゃれwink

20180609amatu32.JPG

20180609amatu31.JPG

お天気が良くて、素敵な景観を堪能することができました

 

SKM_C224e18061816030_0001.jpg

今回のあま~い恋の旅で提供された、智頭急行沿線厳選スイーツのお品書き 

あまつぼしで行く貸切列車の旅、次の企画が待ち遠しいですね!

 

きりぞうからメッセージ

宿場町の歴史をひもときながらの町歩き、風情があっていいね~

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る