地域情報:岩美町

きりぞうブログ
メールで送る
コーナー
コーナー
New

田後港大漁感謝祭

投稿者:ツッチー

tajirikanimatsuri01.JPG

tajirikanimatsuri02.JPG

11月17日(土)「第21回大漁感謝祭」が岩美町の田後港で開催されました。

雄のズワイガニ「松葉がに」や雌のズワイガニ「親がに」を買い求める来場者で、

朝早くからにぎわいました。

tajirikanimatsuri03.JPG

ゆでガニや水槽で生きたままのカニなど、新鮮なカニがたくさん並んでいます。
 
買ったカニはすぐに発送できる宅急便のコーナーがあって便利。
 
 
 
tajirikanimatsuri04.JPG tajirikanimatsuri05.JPG
 
シイラ、サワラ、サバ、カツオなど鮮魚の販売もあり、
魚のさばき方実演コーナーですぐにさばいてくれます。
 
ご近所から魚を買いに来ていた女性も、
大きな魚は自宅の台所でさばくのが大変なので助かると話していました。
 
tajirikanimatsuri06.JPG
 
長蛇の列ができていたのはカニ汁の無料配布。
 
大きな鍋に大根と親がにが入った汁1000食がふるまわれました。
 
tajirikanimatsuri07.JPG
このあたりはTVアニメ「Free!」のロケ地になったこともあり、
 
アニメファンもたくさん来ていました。
 
しかもこの日は、主人公の親友でイケメンキャラクター橘真琴の誕生日とあって、
 
ふだんより多くのアニメファンが県外から訪れていました。
 
tajirikanimatsuri08.JPG
会場の荷さばき所内は、大漁旗が映えてかっこいいです。
 
tajirikanimatsuri09.JPG
 
イカ焼きも柔らかくて美味しい!
 
tajirikanimatsuri10.JPG tajirikanimatsuri11.JPG
 
加工所の前では田後地区の地域おこし協力隊の方が干物などを販売していました。
 
農産物の販売も。大根はカニ汁に欠かせません。
 
tajirikanimatsuri12.JPG
そのほか、海鮮やきそばなど飲食コーナーがありました。
 
tajirikanimatsuri13.JPG
 
 
田後漁協の2階では、カニの甲羅を投げて飛距離を競う、 
 
「かにの甲羅投げ大会」が開かれていたので、参加してみました。
 
小学生や一般男性、女性など各部に分かれて、1人2枚の甲羅を投げます。
 
カニの甲羅は軽いので、思うように飛ばせず苦戦する人が続々。
 
結果は5m20cm。
 
男性の部で優勝した方は9mも飛ばしていました。
 
tajirikanimatsuri14.JPG tajirikanimatsuri14_2.JPG
 
投げた甲羅がどこを飛んでるかわかりますか?
綺麗に空中を舞っております(*^^)v
 
 
 
tajirikanimatsuri15.JPGtajirikanimatsuri16.JPG
 
ときどき雨が降る山陰の冬を告げるような天気で、海は少し荒れていましたが、
海上保安庁の巡視船の見学や遊覧船の乗船体験もありました。
 
tajirikanimatsuri17.JPG
今年から始まったという「第1回山陰海岸ジオパーク海中コンテスト」の写真展。
 
入賞作品が展示されました。
 
tajirikanimatsuri18.JPG
tajirikanimatsuri19.JPG tajirikanimatsuri20.JPG
 
地元の女性部の踊りや子どもたちの太鼓の演奏などステージも恒例になっているようです。
 
tajirikanimatsuri21.JPG
歌謡ショーでは演歌歌手の瀬口侑希さんが歌を披露し、多くの人が集まっていました。
 
(文・写真/土田 泰子)
 

きりぞうからメッセージ

かに汁、イカ焼き、海鮮焼きそば、美味しかったなぁ。ステージイベントも見ごたえあって、最高に楽しい時間を過ごしたよ♪

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:ツッチー

iwamikasaodori01.jpg

「第4回いわみ傘踊りフェスタ」が岩美町のいわみふるさと音楽堂でありました。
廃校になった小学校を野外音楽堂にした自然豊かな会場。
天気もよく、周辺の山々は少しずつ色づき始め、芝の会場が気持ちよく感じられました。
 
獅子楽舞、楓華、生粋など県内から19の傘踊りや伝統芸能の団体がステージで踊りを披露しました。
 
iwamikasaodori02.jpg iwamikasaodori03.jpg
 
踊りの前にはH・T・T(旗振り隊)の迫力満点の旗振り。
大きな旗が力強く、青空に映えます。
 
iwamikasaodori05.jpg
iwamikasaodori06.jpg iwamikasaodori07.jpg
 
iwamikasaodori08.jpg
鳥取の夏の風物詩「しゃんしゃん祭り」で流れる曲をはじめ、
J-POPや伝統的な民謡など、同じ傘踊りでも楽曲はさまざま。
1団体ずつの個性あるステージが楽しめました。
 
iwamikasaodori09.jpg iwamikasaodori10.jpg
 
iwamikasaodori11.jpg
1団体ずつの個性あるステージが楽しめました。
 
 
会場は子どもが楽しめる催しもあり、家族連れなどでにぎわいました。
 
iwamikasaodori12.jpg iwamikasaodori13.jpg
 
子ども遊園地やいわみんぬりえコンテスト、焼き芋のふるまいも!
 
iwamikasaodori14.jpg iwamikasaodori15.jpg
 
町内外からグルメ屋台の出店もあり、1日楽しめるイベントでした。
 
 
プログラム.jpg
文・写真/土田 泰子)
コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:いっちー

20180711geo3.jpg

ユニークな顔が並んでいますが、さて、これな~~んだ!?

20180711geo.JPG 20180711geo2-2.jpg

こちらは岩美町のジオコムスステーションです。

並んでいるのは一人乗り用EV車。

ボディには魚介のイラストが描かれていて、お好きなものに乗ることができます。

タコ、カニ、イカ、サメ、サバ・・・高級魚のどぐろや、ばばちゃんもあります!

 

好きな車両をえらん選んだら、さっそく操作のレクチャーを受けます。

20180711geo6.JPG

普通免許があれば、余裕です!

20180711geo8.JPG

では出発しましょう!

20180711geo10-2.JPG

絶景スポットの一つ「網代隧道」を抜けて・・・

20180711geo10.JPG

城原海岸到着!

美しい海と景観を楽しみます。

20180711geo11.JPG 20180711geo12.JPG

田後港では、漁港の風景を堪能

20180711geo13.JPG

海の香りがするね~

20180711geo14.JPG

みんなで連なって走ります。

先頭はのどぐろ号、続くのはサメ号、イカ号です。

風がきもちいい~~note

20180711geo15.JPG

浦富海岸で記念撮影!ハイ、チーズ!camera

20180711geo16.JPG

浦富海岸にある荒砂神社は、アニメ「Free!」では有名な聖地巡礼スポットです!

20180711geo17.JPG

20180711geo18.JPG 20180711geo19.JPG

西脇海岸展望駐車場

20180711geo22.JPG

20180711geo20.JPG

20180711geo21.JPG 20180711geo23.JPG

海も空も綺麗だと、なんだかテンションが上がっちゃう!

とにかくはしゃぐはしゃぐupupup

20180711geo25.JPG

サメに襲われている白うさぎを表現しました(笑)

20180711geo26.JPG

アニメの世界へようこそコースは、町内に点在するおすすめの聖地巡礼スポットを、

ジオコムスの乗って巡りますよ。

他には「ジオパーク絶景コース」もあります。


今だけの特典 ↓

20180711geo27.jpg

ご予約はこちら ↓

bnr-01_l.png

きりぞうからメッセージ

アクテビティ機能満載のジオコムス!これなら観光も楽々だね~♪

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:ツッチー

浦富海岸を眺めながら船内でスイーツが楽しめるクルーズ船、

「Muse(ミューズ)」が2018年6月30日に就航しました。

白と深緑色を基調とした高級感のある船体で、

展望デッキからは鳥取砂丘や大山、世界ジオパークの浦富海岸の景色が見渡せます。

船名の由来は、

漢詩人である国府犀東氏の「天に明星 地に浦富の海にミューズの神が住む」という詩。

ちなみに、この石碑は浦富海水浴場にあります。

20180630muse.JPG

クルーズ船Muse

20180630muse2.JPG

船内の様子

20180630muse3.JPG

船体のロゴ

提供されるスイーツは、地元で人気の洋菓子店「菓子工房 野いちご」が作る、

シフォンケーキや焼き菓子のプレートです。飾りの押し花も食べられるとか。

20180630muse10.JPG

ドリンクは、二十世紀梨ジュース、アイスティー、

アイスハーブティー、アイスコーヒーから選べます。

乗船時にはウエルカムドリンク(二十世紀梨ジュース)も。

20180630muse4.JPG 20180630muse5.JPG

提供された素敵なスイーツとスタッフの方の素敵な笑顔

20180630muse6.JPG

 

クルーズは1時間のコースで浦富海岸を巡ります。

世界ジオパークの浦富海岸は、ダイナミックな地形がみどころ。

奇岩、洞門など海岸沿いには小さな島がいくつもあり、

透明度の高い海の底には魚の群れや海藻が多く見られます。

船内でスイーツが楽しめるのは、山陰では初の試みとのこと。

川口社長は「女子会にもぜひご利用下さい」と話していました。

20180630muse7.JPG

遊覧船で巡る鴨ケ磯

20180630muse8.JPG

スイーツクルーズの運航は6~9月の土日14:30からで完全予約制。

10:00からオリジナルハンバーガーを提供するブランチクルーズもあります。

20180630muse9.JPG

(写真・文章/田中 泰子)

 


名 称:クルーズ船Muse(ミューズ)

ジャンル:スイーツ、クルーズ、遊覧船

TEL:0857-73-1212

住 所:鳥取県岩美郡岩美町大谷2182

運航時間:・ブランチクルーズ 10:00~11:00

     ・スイーツクルーズ 14:30~15:30

      ※6~9月の土日で、1週間前までに予約が必要

乗船料金:大人(中学生以上)4,800円 小人(小学生)4,150円(飲食代込み料金)

定 員:25名   ※最少催行人員8名

定休日:冬季休業

HP:http://www.yourun1000.com/

 

 

 

きりぞうからメッセージ

クルーズ船Muse、素敵だね~♪おしゃれなスイーツ堪能しちゃったよ!次はブランチクルーズだね!

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
New

イワトビ祭り

投稿者:めぐリズム

20180701iwatobi.JPG 20180701iwatobi2.JPG

まばゆいばかりの上天気に恵まれた日曜日(7月1日)

岩美町のイワトビ祭りに行ってきました。

20180701iwatobi3.JPG

岩美町観光協会・会長の開会宣言から始まったイワトビ祭り

20180701iwatobi6.JPG

20180701iwatobi5.JPG 20180701iwatobi4.JPG

町内のお母さんたちが、今が旬のアゴ(トビウオ)の団子汁をふるまってくださいました。

暑い中でいただく、アゴの出汁のきいた熱いお汁がこれまたうまい!

お母さんたちの愛情たっぷりのふるまい汁、皆さん美味しそうに食べられていましたよgood

20180701iwatobi7.JPG

開会と同時に行列ができているのは、これまた今が旬の岩ガキですhappy02

20180701iwatobi8.JPG 20180701iwatobi9.JPG

これは並んででも食べたい、いや並んででも食べなくちゃ、という代物です!

20180701iwatobi19.JPG

炭火焼のぷりっぷりの岩ガキ、美味しくいただきましたlovely

 

本部では何やらげゲームをしています・・・

20180701iwatobi13.JPG 20180701iwatobi11.JPG

可愛いイワトビ祭りの缶バッジも景品の一つ

20180701iwatobi12.JPG

⇒ジオコムスとは?

町内を流しているサメのジオコムスのボディに何かが書かれているらしい。

見つけた人は、答えを本部で申告、正解したら福引のチャンス!

サメのジオコムス、見つけられませんでしたぁ( ̄▽ ̄;)

20180701iwatobi14.JPGいつも元気いっぱい、Beach Cfafe & Outdoor"ALOHA"さん!

20180701iwatobi36.JPG

おいしいジャンボベーコンのいい香りが漂って、お腹が空いてきますcatface

20180701iwatobi16.JPG 20180701iwatobi21.JPG

不動のFree!人気、今日もたくさんのコスプレーヤーさんたちが集っていました

20180701iwatobi15.JPG 20180701iwatobi20.JPG

20180701iwatobi24.JPG

朝獲れのサザエ

素潜り漁の漁師さんが朝潜って獲って来たんだという事で、

これまた新鮮なサザエはめちゃめちゃ美味しいup

20180701iwatobi25.JPG 20180701iwatobi26.JPG

午前中から既に気温は30℃

冷たいものが嬉しい

20180701iwatobi17.JPG 20180701iwatobi22.JPG

20180701iwatobi23.JPG

ラッシーを販売しておられた方にモデルをお願いしましたcamera

 

さて、この日唯一のワークショップ、

みんなでイワトビちゃんを完成させようというもの。

20180701iwatobi10.JPG

イワトビちゃんのどの部分を作るかは自由です

20180701iwatobi35.JPG

くちばしの部分を制作、力作です!

S__13189142.jpg S__13189145.jpg

制作中・・・

S__13189144.jpg S__13189143.jpg

制作中・・・

S__13189136.jpg S__13189138.jpg

イワトビちゃん完成!

 

 

最後に透明度25mをを誇る、美しい岩美の海をご覧に入れて終わりたいと思います。

20180701iwatobi27.JPG

きれいですね~~

20180701iwatobi28.JPG

20180701iwatobi30.JPG

 

岩美町のた楽しいイワトビ祭り、楽しんでいただけましたか?

 

来年はぜひ現地でお楽しみくださいね!

きりぞうからメッセージ

イワトビちゃん、可愛いね~♪岩ガキやトビウオも美味しいし、海はきれいだし、夏の岩美は楽しみ一杯だね!

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る