2016年4月

きりぞうブログ
メールで送る
コーナー
コーナー
New

宇部神社・御幸祭

投稿者:アキラ

20160417oomikosi3.jpg 20160417oomikosi2.jpg

重さ2トンの大みこし

 

4月17日(日)

「因幡一の宮」として知られる鳥取市国府町宮下の宇倍神社で営まれる春の大祭「御幸祭」に行ってきました。

今年は、地元や県内外から駆け付けたみこしの担ぎ手ら約350人が参加。

御幸行列では、全国屈指の大神輿が担ぎ出され、白い法被姿の約150人が、

「チョーサー」「チョイヤサー」などと掛け声を張り上げながら、

同神社を発着点とする5・5キロを練り歩きます。

20160417oomikosi4.jpg 20160417oomikosi5.jpg

20160417oomikosi6.jpg 20160417oomikosi7.jpg

20160417oomikosi8.jpg 20160417oomikosi9.jpg

20160417oomikosi10.jpg

地域の子どもたちによる子どもみこしや、鎧を着け、青竹を持った武者行列のほか、

鳥取藩参勤交代の姿を伝える奴の舞が繰り広げられます。

20160417kodomomikosi.jpg 20160417kodomo.jpg

20160417yakko.jpg

20160417musya.jpg 20160417musya2.jpg

20160417musya3.jpg 20160417kodomomusya.jpg

「お旅所」では地元の女子中学生が受け継ぐ浦安の舞や麒麟(きりん)獅子舞が披露されました。

また、みこしを再び人の手で担ぎ始めて10年目を迎えたのを記念し、

女みこし担ぎ、大人やっこ、因幡の傘踊りなども行われました。

 

重さ2トンの大神輿を担いでの宮だし、宮入り時の石段担ぎは圧巻です!

20160417oomikosi12.jpg 20160417oomikosi13.jpg

20160417oomikosi14.jpg

20160417oomikosi15.jpg

20160417oomikosi16.jpg

20160417oomikosi17.jpg 20160417oomikosi18.jpg

20160417oomikosi19.jpg 20160417oomikosi21.jpg

 

20160417maturinoato.jpg

祭りのあと/戦士の休息

 

年々人が少なくなって、続けていくのは大変だということですが、

ぜひこれからも、こうした素晴らしい伝統行事を継承していきたいですね。

(写真/鈴木 明)

きりぞうからメッセージ

石段担ぎは血が騒ぐね~!僕は心を込めて麒麟獅子舞を披露したよ!

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:アキラ

諏訪神社境内に御神木が到着しました。

20160417hasira42.jpg 20160417hasira43.jpg

20160417hasira45.jpg 20160417hasira46.jpg

20160417hasira47.jpg

本殿に続く急な階段の前で、わっしょい!わっしょい!!

気合を入れます。

20160417hasira30.jpg 20160417hasira31.jpg

20160417hasira32.jpg 20160417hasira33.jpg

御神木が本殿に向かって、階段を駆け上がっていきます!

20160417hasira34.jpg

20160417hasira35.jpg 20160417hasira39.jpg

20160417hasira36.jpg 20160417hasira37.jpg

20160417hasira40.jpg

20160417hasira41.jpg

 

宮入の様子


 

20160417hasira52.jpg

昨夜からの暴風雨が嘘のように晴れ渡った空、

汗が出るような陽気になりました。

 

20160417hasira48.jpg 20160417hasira49.jpg

20160417hasira50.jpg 20160417hasira51.jpg

担ぎこまれた御神木は、皮を剥いだあと清め塩で磨かれます。

 

20160417hasira53.jpg 20160417hasira54.jpg

20160417hasira55.jpg 20160417hasira56.jpg

20160417hasira57.jpg 20160417hasira58.jpg

20160417hasira59.jpg 20160417hasira60.jpg

20160417hasira61.jpg 20160417hasira62.jpg

20160417hasira63.jpg

御柱は本殿の四隅に奥から順に立てられ、4本とも建立されると祭りは終了です。

 

建立の様子

 

6年に1度、今年第40回を迎えた柱祭り。

この貴重な祭りを一目見ようと、

今年は14,000人の方々が県内外から智頭町に訪れました。

めぐリズムもアキラも初めて見る柱祭りに、我を忘れてシャッターを押し続けたのでした。

 

次は6年後です。

その時またここでカメラを構えたいと思います。


 

最後に祭りの楽しみでもある屋台で、食べ物や飲み物を提供してくださった方々のご紹介です。

20160417hasira64.jpg

20160417hasira65.jpg 20160417hasira66.jpg

20160417hasira67.jpg 20160417hasira68.jpg

 

(写真提供/鈴木 明)

 

きりぞうからメッセージ

階段を駆け上がって来る御神木の担ぎ手たちの迫力に感動したよー!!次は僕も担ぎ手に名乗りを上げるぞ!!

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:アキラ

20160417hasira13.jpg

いよいよ練り歩きの始まりです!

20160417hasira14.jpg 20160417hasira22.jpg 20160417hasira21.jpg

 

20160417hasira17.jpg 20160417hasira18.jpg

 

20160417hasira15.jpg 20160417hasira16.jpg

 

20160417hasira19.jpg

 

20160417hasira20.jpg

めぐリズムとアキラは4本の御神木の練り歩きを追って、町の中を駆け回ります!

 


 

町内を練り歩いた御神木が宮入りする前に、諏訪神社に先回りです。

20160417hasira29.jpg

境内では、たくさんの報道陣やカメラマンたちが、今や遅しと御柱の到着を待っていました。

 

そして、本殿では柱を迎える前の儀式が執り行われます。

20160417hasira23.jpg 20160417hasira24.jpg

20160417hasira25.jpg 20160417hasira28.jpg

20160417hasira27.jpg

20160417hasira26.jpg

 

4本の柱は中町、下町、河原町、上町の順に宮入りします。

そろそろ、第1陣の柱が到着しそうです!

 

(写真提供/鈴木 明)

 

きりぞうからメッセージ

わっしょい、わっしょい!!4本の柱が担ぎ手の掛け声とともに、街中を練り歩く姿は勇壮でかっこいい~♪ 僕も興奮しちゃったよ!

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:アキラ

4月17日(日)

諏訪(神社式年柱祭り(鳥取県無形民俗文化財)に行ってきました。

今回は内容が盛りだくさんなので、何回かに分けて、皆様にご覧いただきたいと思います。

 

6年ごとの申年と寅年の4月の酉の日に行われる御柱祭り。

御神木は、“ムカデ”といわれる台座に乗せられ、

白装束に身を包んだ数百人の青壮年達が勢いよく担ぎ町内を練り歩きます。

その後、一斉に諏訪神社の130段の石段を駆け上がり、4本の御柱が宮入します。

担ぎ込まれた大木の皮を剥いた後、清め塩で磨き、本殿の四隅に建立、五穀豊穣を祈願します。

 

御柱祭りは早朝3時より「起こし太鼓」を合図に始まります。

あらかじめ選ばれた4本の杉の木に、

酉年生まれの幼少年が最初に斧を入れる「伐り初め式」が執り行われますが、

近年は「伐り初め式」も当日ではなく、あらかじめ執り行われるそうです。

昔は幼少年と言えども、朝3時に担ぎ手の方々と一緒に山に入っていたと言うことです。

今年は前日からの雨と暴風が吹き荒れる中での山入りということで、

かつてない厳しい御神木の切り出し作業になったということです。

20160417hasira.jpg

今年の伐初人のお一人、可愛らしいお嬢さんです。

切り出された4本の御神木は長さ26尺(約7.88m)、重さは約1.5トン。

台座に乗せられて、白装束に身を包んだ数百人の担ぎ手によって町内を練り歩きます。

4本の柱が町中を練り進む姿は壮観です!

 

午前8時に町入りした御神木は、まず奉仕者(御柱の提供者)の家の前に運ばれます。

20160417hasira10.jpg

20160417hasira11.jpg 20160417hasira3.jpg

20160417hasira4.jpg 20160417hasira12.jpg

                                       外国人の方の参加も!

20160417hasira5.jpg 20160417hasira6.jpg

20160417hasira7.jpg

濡れて汚れた足袋が、暴風雨の中で行われた御神木の切り出し作業の過酷さを物語る

20160417hasira8.jpg 20160417hasira9.jpg

6年に一度の神事に参加することが、嬉しくて仕方ないという高揚感が伝わります

20160417hasira2.jpg

いよいよ練り歩きが始まります!

その模様は次のブログでご紹介します。

 

(写真提供/鈴木 明)

 

 

 

 

 

きりぞうからメッセージ

前夜からの暴風雨にどうなることかと心配したけど、 町入りの頃には雨も止んで勇壮な柱祭りが執り行われたんだよ!

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
New

因州若桜 さくら祭り

投稿者:アキラ

4月10日(日)、因州若桜さくら祭りに行ってきました。

20160410wakasa.jpg 20160410wakasa2.jpg

若桜と言えば蒸気機関車です。運転手さんもかっこいい!!

20160410wakasa3.jpg

いよいよイベントの始まり、お客さんも勢ぞろい。

20160410wakasa4.jpg 20160410wakasa5.jpg

まず最初のステージイベントは「わかさ氷ノ山樹氷太鼓」です。

20160410wakasa6.jpg

その中でひときわがんばっていた男の子にカメラを向けてみました。

タタクンジャーのシャツを着て、ポーズをとってくれました!

20160410wakasa7.jpg

来賓の方々

20160410wakasa8.jpg

仲の良い姉弟を見つけました。鳥取市内から来たとのこと。

20160410wakasa9.jpg 20160410wakasa10.jpg

子どもたちには楽しいガラポン/真剣な眼差しの射的

20160410wakasa11.jpg 20160410wakasa12.jpg

夢いっぱいのミニ蒸気機関車/お母さんも楽しそう

20160410wakasa13.jpg

若桜駅のホームではユニークなかかしのお出迎え。

間違って声をかけても返事はありませんよ(笑)

 

20160410wakasa22.jpg

満開の桜のもと、沢山の人たちが楽しんでいます。

20160410wakasa23.jpg

若桜と言えばこの風景、桜も一緒にベストショット。

20160410wakasa24.jpg

大きな話題となり、テレビでも全国放送された隼列車です。

 

20160410wakasa25.jpg 20160410wakasa26.jpg

若桜のスター、「若桜町観光ガイドクラブ」の松田 彰一さん。

背景は古民家を改装した、お食事処「かりや」です。

 

20160410wakasa14.jpg 20160410wakasa15.jpg

 

若桜の民芸品がたくさん並んでいます。

おやき、とりめし、金棒寿司・・・

買いたかった金棒寿司はすぐに売り切れ(T_T)

20160410wakasa16.jpg 20160410wakasa17.jpg 

20160410wakasa18.jpg

 

若桜のジビエ、鹿肉ステーキ。

レアで美味しかったですよ~

20160410wakasa19.jpg

人が買っていると、どれも美味しそう。

焼団子買おうかなぁ・・・食べる前の撮影を忘れました(^_^;)

 

20160410wakasa20.jpg

演歌のお姉さん、高垣ひろ美さん。

 

20160410wakasa21.jpg

鉄の黒馬を操る男・・・素敵です!

 

20160410wakasa27.jpg 20160410wakasa28.jpg

お土産に買った焼サバ寿司、500円

焼サバの香り、分厚い身の旨さ、最高です!

 

いちご大福、500円/上品な甘さ、とにかく可愛い!!

お土産、もっと沢山買えばよかったな。

 

楽しい因州若桜の桜桜まつりでした(^_-)-☆

 

(文・写真/鈴木 明)

 

 

きりぞうからメッセージ

桜とSL、いつ見ても絵になるね~。 僕は沢山の屋台や、ステージイベントも毎年楽しみにしてるんだよ♪

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る