2012年7月

きりぞうブログ
メールで送る
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:たこりん

 

kako-ogUCqhYsxvz8RFI4.jpg

 

kako-0iGJj4JzEyFIgvTa.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~古事記~

 

イザナギ、イザナミ

天の岩屋戸

八岐の大蛇

因幡の白兎・・・

 

 

知っているようで、案外知らない、

知らないようで、意外と知っている

そんな古事記の世界を、

今マンガでわかりやすく解説してくれているのが、

河原城で開催されている、

「マンガで見る神話のヒーロー・ヒロイン展」です。

 

 

今回は3巻ある古事記の中から、上巻(かみつまき)の神様たちの話が、

鳥取市河原町出身のアニメーター、河毛 雅紀(かわけ まき)氏によって、

様々なタッチで、ユーモラスに、また力強く描かれています。

 

 

古事記は、天武天皇に始まり、持統天皇、文武天皇を経て、

712年元明天皇の時に編纂されたもので、

大和朝廷が全国を統一することの正当性を知らしめるのに必要だったとか・・・


 

kako-WUW6nPImmuUvOhVa.jpg

 

日本の歴史として書かれた古事記、

その奇想天外な物語のプロローグ、

是非その目でご覧になってください。

 

 

河原城の展望台からは、遠く鳥取砂丘、日本海まで一望できます。

kako-qZRif8M4FO9ShKsJ.jpg

また、八上姫伝説をマジカルビジョンで見ることもできますよ!

 


 

 

河原城探訪こぼれ話

この日久しぶりに河原城館内を隅々まで堪能した、タコリンとめぐリズム。

帰途についたとたん、とんだ拾いものをすることに・・・


道端に白い軽四が止まっており、そのかたわらで少年が二人、

近づいてくる私たちの車に向かって、恥ずかしそうに手を振っている。

まさかエンストでもしたのかと、とりあえず止まり、窓を開ける。


少年たち:「あの~、河原駅はどこですか?大阪から来たんですが・・・」

めぐリズムもタコリンも、近くだとは思うが、詳しくは知らない。

二人とも河原町エリアは生活圏内ではないのである。

めぐリズム:「ナビはついてないの?」

少年たち:「はい・・・」

めぐリズム:「じゃわたしたちのナビでそこへ向かうから、後ろついてくる?」

少年たち:「はい・・・」

 

しかし、少年たちはわたしたちの車の横でもじもじしている・・・

そう、彼らは徒歩だったのである(^_^;)

たまたま止まっていた軽四の横で手を振っていたものだから、

てっきりその車を彼らのものだと思って、話をしていたわたしたち。

ずいぶんと幼い顔をしていると思ったら、まだ中学生だった(笑)

 

徒歩の彼らに、ナビとか後ろついてくるとか、とんでもないとんちんかんな会話をしていたわけで、

事情がわかったとたん全員大笑いでしたヽ(^。^)ノ

 

結局かれらの行き先が鳥取駅だったので、ちょうど帰り道だし、鳥取駅まで乗せてあげました。

鳥取の祖母の家に、夏休みを利用しての帰郷だったようです。

そして鳥取駅で、お互いに記念写真を撮って別れました。

鳥取で、夏のいい思い出一杯作ってね!

 

kako-HXNhyFrbX1yu76U4.jpg


 

 

 

きりぞうからメッセージ

おもしろい出会いがあったねぇ!一期一会、素敵だなぁ・・・

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:たこりん

 

ドクロ~.JPG

 

 

 

 

作品紹介⑤

イギリスの文学-シェイクスピア


「ロミオとジュリエット」「ハムレット」「真夏の夜の夢」などで知られるシェイクスピア。

最も優れた英文学の作家といわれ、世界文学史にその名を残す。

エリザベスⅠ世の時代、多くのシェイクスピア作品が初演されたグローブ座は、

現在シェイクスピア・グローブ座として復元され、今なお多くのファンを魅了している。

 

kako-qpxbI6XqH1zeWwLR.jpg

                                               制作者 ボードリック・バックル(イギリス)

                                                       2008年 世界砂像選手権アメリカ・バージニア大会ネプチューン賞

                                                       2009年 世界砂像選手権ラトビア大会優勝

                                                       2010年 世界砂像選手権カナダ・ケベック大会第2位

 

 

砂の美術館探訪 その①

砂の美術館探訪 その②

砂の美術館探訪 その③

砂の美術館探訪 その④

 


きりぞうからメッセージ

ドクロ、怖かったよ~~~

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
New

響の森で自然体験

投稿者:めぐリズム 投稿者:たこりん

UjXwAqWQ2iTv9u1.jpg氷ノ山自然ふれあい館 響の森

 

夏も本番、夏休みまであと少しというところですね。

こちらでは、夏休み向けに、様々な自然体験メニューが企画されていますが、

館内にもいろいろと見どころがあります。


今日はじっくりと館内の様子を見せていただこうと、やって参りました。

 

6VUasYu7L7DW53W.jpg

 

 

 

 

館内には本物の熊の剥製があったりします。


(*'▽'*)♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

xs2S5XPNs8EmIER.jpgこのような自由スペースもあって、小さいお子さんも、

遊びながら学べるように工夫されています。

 


 

さて、一番の見どころ、森のジオラマコーナーに行ってみましょう。

ここではノームや妖精たちが、いろいろな森の様子を案内してくれます。

 

 

kako-QM0g5snuIDsvhmzp.jpg

 

 

 

SVlO951WZFauYZJ.jpg

ようこそ響の森へ

 

ZZbwbfgen8TfWil.jpgKnT3N8nDSaTTouM.jpgoITlTrn5NCesA71.jpgYPq73IX1Apy4Vg1.jpg一体どれくらいの動物たちが隠れているのかしら・・・

 

 

 

のジオラマを出るとノームのおうちです

 

2js1UHrTaXQJsU2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pWv06d4NBa7pAjT.jpg

 

 

野うさぎが覗いています

野うさぎが

巨大化したのではありませんよ

ノームは小さいんですね、きっと

 

 

 

 

 

 

 

ああ、もう紹介しきれないっっ(;^ω^)

 

他にもあれやこれや一杯あるのです。

 

いい大人のめぐりズムとタコリンが、時間も忘れて入り込んでしまいましたよ。

 

ここはお子様だけの聖地ではない!!(*´∀`*)

 

大人だって十分楽しめることうけあいです(*^^)v

 

たまには童心に帰って、思い切り野山をかけまわったあの頃のことを思い出しませんか?


見るもの全てが輝いていた極上の時を・・・

 

 

 

きりぞうからメッセージ

僕たちも、ノームに会いにいかなくちゃ!

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る