2010年11月

きりぞうブログ
メールで送る
コーナー
コーナー
投稿者:ケンちゃん
コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:グッピィ

民泊先のお宅でぐっすり眠らせていただいて、時間ギリギリまでおばあちゃんとお話させてもらって、
こころもからだも元気いっぱい(´>∀<`)ゝ

そんなツアー2日目は、町全体がセラピー基地である緑豊かな智頭町のもうひとつの顔ともいえる、『智頭宿』を散策しました。

ガイドをしてくれるのは、西川克己映画記念館の館長さんで、ボランティアガイドでもある福本さんです(*゚ー゚*)
(このHPにも登場してくださっています☆探してみてください(b'3`*)

まずは、隠れた(?)紅葉スポット「諏訪神社」

suwajinjya.JPG

写真ではもう少し先が見ごろかなーという感じですが、目に映る紅葉はとっっっっっっっっっっても鮮やかでした(*´∀`*)
それでもまだ緑色のもみじの葉がたくさんあって、一気に色づいたら・・・とまぶたの裏に想像☆

彫り物も見事です!

suwajinjyahorimonomae.jpg
suwajinjyahorimonoyoko.jpg


すごく厳かで、凛とした空気の漂う神社。パワースポットってこういう場所を言うんだろうな(*'ω'*)
皆さんもぜひパワーを体感しに行ってみてください。


実は何度か智頭宿に訪れている私たち。
智頭に精通しているガイドさんならではの場所をたくさん案内していただきました。

かつて参勤交代のご本陣が置かれた場所に建つ「中町公民館」(国登録有形文化財)

kouminkan.jpg


明治30年頃の和風建築で、現在は食事のできる休憩所として活用されている「塩屋出店」…の2階
趣きある船底天井が残っています。私(T約164㎝)が中に入ると、↓天井が頭があたらないギリギリのラインです。

funasokotenjyo.jpg
funasokotenjyohito.jpg


そして1階には、あれ?坂本龍馬!?

ryomakakejiku.jpg

坂本龍馬が結成した「海援隊」の経理を務めた三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の親戚になる方がここに嫁いだということで飾ってあるのだとか…。知る人ぞ知る龍馬スポットですね☆


そして、智頭宿に行ったら忘れてはいけない「石谷家住宅」
何回か訪れていても知らなかったあんなことやこんなことがたくさん!

入ってすぐの豪壮な梁組の土間

isitanike-doma.jpg

実は、入って左奥にある小部屋の階段を上がると、このおっきな梁を目の前に見ることができます☆


靴を脱いで上がってすぐのところにある囲炉裏

isitanike-irori.jpgこれはね、松竹梅を使って作られてるんだそうです☆初めて聞いた~( ゚д゚ )




家の中に入っていく扉の右にこんなものが…「ピアノ」とか「書さい」とか書いてあるボタンのようなものが並ぶ板・・・

isitanike-bantocall.jpg

ここでクーイズ!!
さて、『↑このボタン板は何でしょう?!』 正解は後ほど(*・艸・)


寅目石の手水場
水を張ると、より一層寅目がはっきり出るそうです

isitanike-torameisi.jpg

石谷家の見どころのひとつの庭園
ほんのり色づいた木々でより一層美しくなっていました~

isitanike-teien.jpg


さて、それでは先ほどのクイズの答えです!
じゃん!

isitanike-bantobotan.jpgこれは石谷家の各部屋の、普通では見えないところにあるボタンです。


これをご主人が押すと~・・・さっきのボタン板のその部屋のところ(書斎なら書斎のボタン)がパタンと開いて、番頭さんがご主人がどこから呼んでるかがわかるというものなんです!
正解は「ナースコール」ならぬ「番頭コール」でしたヽ(´∀`)ノ

当たった人・・・「スゴイ!!」


さてさて、石谷家を後にして、お昼ご飯をいただきに「梶屋茶屋」さんへ
ここは「諏訪酒造」さんの酒蔵を改造して作られた、杉に囲まれたお店です。
名物の「酒蔵うどん」に舌鼓(・∀・)

sakaguraudon.jpg

酒かすのほんのりい~香りがして、冷えた体がぽかぽかあったまります!!ヽ(´∀`)ノオイスィ
すっかり気に入っためぐリズムは銘酒大吟醸「鵬」の酒かすをお買い上げ♪


お昼ごはんの後は、普通に来たら通らないような風情ある宿内の路地を散策・・・
昔の名残が残るおもしろい場所も教えてもらいました(o'∀'人)

tizumatinakamoromoro.JPG


1日目の森林セラピー体験から始まって、新しい智頭の見どころをたくさん発見したツアーでした(o´∀`o)


このモニターツアーは11月いっぱいまでですが、来年夏ごろには本格的に森林セラピーツアーが始まる予定!
これからも見逃せない智頭町です☆

 

 

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム

森林セラピーの後は、もう一度ストレスチェックを行い、

始める前と比べます。

みなさんセラピーの後は、ずいぶんとストレスが軽減されるようです。

 

 

さて、次は民泊体験ですが、普通のお宅へ泊めていただきます。

オジャマシマース!!(*゚ー゚)σ[。]ピンポーン♪

 

行く前は、藁葺き屋根のすごい古い田舎の家を想像していた、

失礼なめぐリズムといずみーるでした… ペコリ(o_ _)o))スミマセン

 

ドアを開けただけで、パカっとふたの開くトイレ∥wc∥ ヽ(*・ω・)ノ オオッ♪

お風呂にはブクブク泡も出るし【~~((o(=^・ω・^=)o))~~】イィ湯ダニャ♪

庭にはきれいな鯉が泳いでるし…  ウ―― (´-Θ-`)――ン

建ててからずいぶんと経つということでしたが、手入れの行き届いた、素敵な日本家屋、

いやが上にも落ち着きます・・・(*^-^)_旦~~フゥ


hatake.JPG

 

おばあちゃんと一緒に畑に行き、

お野菜を収穫します。

これも民泊体験の醍醐味ですね。

白菜、枝豆、大根・・・お土産にいただきました。

感謝です。 <(_ _*)> ペコリ

 

 

ご家族はいつもは5人で、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、二女さん。

この日は近くに住む長男さんとお嫁さんも来てくださり、

大変にぎやかな夕食となりました。

yuusyoku.JPG
あたたかい家庭料理が並び、

お酒好きなおじいちゃんといずみーるは意気投合、さしつさされつ、

いい気分(笑)  ∪ヽ(*゚ω゚´*)ノ彡☆

めぐリズムも楽しくいただき、幸せですぅ。

♪゚・*:.。.Happy☆ヽ(*´∀`*)ノ☆Happy.。.:*・゚♪

 

ご家族揃ってもてなしの精神にあふれていらして、

おばあちゃん意外は、みんな普通に昼はお勤めで、翌日も当然お仕事です。

でも見ず知らずのわたしたちを、本当に親切に迎え入れてくださり、

心からの歓迎の意を示していただき、感動と感謝で一杯です。

 

こうしたふれあいが非常に稀有な昨今、

人の温かさに包まれて、めぐリズムもいずみーるもぐっすりと眠りについたのでした。

 

 

ありがとう森林セラピー、民泊体験、

疲れた心を癒し、人としての原点に立ち返ることができるこの体験、

来夏本格始動。乞うご期待! ドキドキ(((o(б_б;)o)))ドキドキ

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム

森林セラピー1日目

『森林セラピーとは?』

科学的に効果を証明された森林浴のブランドです。

森林を利用して心身の健康維持・増進、疾病の予防を行うことを目的とし、

森の中に身を置き、森を楽しみながらその効果を達成するセラピーです。

ここ智頭町では、豊富な森林資源を活用した『ストレス社会からの“ 疎開 ” 』というテーマで、

取組んでおられますが、森林セラピーはその一つです。

SKMBT_C45010112415150.jpg

セラピーランチから始まった森林セラピー初日。

以前、雑誌の取材でセラピーランチを一度いただいたことがありますが、

この日は違うお店でのランチ、当然メニューも全く違います。

そのお店お店でカラーの違うセラピーランチを提供してくださいますが、

セラピーランチには共通の7か条があります。


① お米は100%智頭町産

② 使用食材の80%は智頭町産

③ の食材を使用する

④ カロリーは600kcal~800kcal以内

⑤ 塩分3g以下

⑥ お品書きをつける

⑦ 愛情をこめる(ここ重要ですねぇ)

 

そうして作られた今回のセラピーランチがこれでございます。

serapiranti.JPGおいしく腹八分目、健康的です。



本日のお品書き

 ラダ感覚のヘルシー ハンバーグ

じゃがいも、アスパラのビシソワーズ

地鶏の温泉卵・山菜添え

ぜんまいの味噌佃煮

ほんもろこの甘露煮

ご飯(智頭町産こしひかり)

智頭ブレンドの健康茶


いよいよ森林セラピーです。

まずは血圧とストレスチェック(唾液アミラーゼ測定)、問診表記入を行います。

 

セラピー開始

芦津の中国自然歩道をガイドの方と約2時間かけて歩きます。(通常45分程度のコース)

asidu.JPG

tyuugokusizenhodou.JPG


途中途中で立ち止まり、木や岩に触れて、その質感や温度を感じたり、

目を閉じて瞑想したり、イメージングなどを行います。

 

gaidoizumi.JPG


目を閉じて視界をふさぐと、

水の音、鳥の声、風の気配、土や苔のにおいが、体の五感をくすぐりはじめます。

koke.JPG


自分も森林の一部になって、それは地球の一部でもあり、宇宙の一部でもあり…

空と土と風に溶け込むような錯覚に陥ります。

 

途中ハンモック体験があるのですが、

めぐリズムもいずみーるも初体験…なんて心地いいのでしょう。

このまま静かに眠ってしまいたい誘惑に駆られます。

hanmoku.JPG


降り積もった落ち葉の上を踏みしめながらゆっくりゆっくり歩いていきます。

 

 

セラピーの中で、現実のいろいろなことを思い浮かべると、

少し前まで、自分の中で重荷に感じていたことや、

もやもやと心の中でわだかまっていたことが、

なんだかもうどうでもいいことのように思えてきます。

それは現実逃避などではなく、

もともとたいした問題じゃなかったんだよと、

森が教えてくれたんじゃないかという気がします。

 

こうして生かされていることの幸せ、

産まれてきたことへの感謝、

そんな謙虚な気持ちが全身を包んでいます。

 

大切なことは、ここに来て目を閉じればいつのまにかわかるのかもしれません。

 

⇒ 芦津の秋(美しい紅葉をご覧ください)

 

 

民泊体験へ続く

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:ケンちゃん

【鬼太郎のふるさと鳥取県観光キャンペーン】

名古屋市の中核駅である金山総合駅で、

「鬼太郎のふるさと鳥取県観光キャンペーン」が開催されました♪⌒ヽ(*゚ω゚)ノ ヤッターッ

鳥取県の紹介コーナーとして、

パネル展示、観光案内、パンフレット配布、アンケートを実施。

トリピー、ナシータ、鬼太郎たちととっとり親善大使の方も活躍しての鳥取PR大作戦!

bu-su2.JPG

bu-su.JPG

mugyu.JPG

むぎゅ~~~

taitoru.JPG

鳥取の物産品も販売したよ!

駅が大きいこともあって、すごくたくさんの人が集まってくれました。

パネルを真剣に見られる方や、パンフレットを手に取っていろいろと聞いておられる方も多く、

鳥取県への関心を持たれている方が多い反面、

鳥取県東部の因幡地域に対する印象は薄いように感じられました。↓(´・ω・`)ショボーン

今回もアンケートの回答は思った以上に多く、

回答の為、順番待ちができる程の盛況Σ(^∀^;)

謝礼用のノベルティがなくなっても、自ら回答して頂ける方が多くおられ、

名古屋の方の温かさを感じたのであります。ウル(T-T*)ウル

 

nakayosi.JPG

【名古屋学院大学「名学大祭」】

名古屋学院大学大学祭実行委員会の協力のもと、

大学の学園祭に初の試みで出演しました。ヽ(´―`)ノ

若い世代に鳥取県をPRできる絶好のチャンス!!

構内に設置された鳥取県ブースではパンフレットを配布。

がんばってくれたのが鬼太郎、ねずみ男、ナシータ、鳥取親善大使の方たち。+゚(嬉´・ω・`艸)アリガト

着ぐるみパフォーマンスで絶大な人気を獲得し、周辺には人だかり~!

゚*。:゚:。*゚(喜≧ω≦)人(≧ヮ≦)゚*。:゚:。*゚とにかく喜んでる!!

急遽、他出演者演舞中にステージ上から紹介を受ける程の大盛況でした(・∀・)♪

dj[1].JPG

sute-ji.JPG


鳥取、因幡の直接的PRではなかったけど、

若い世代の方に鳥取県からのアプローチとして抜群の効果があったのでは!!(^▽^)

 

ケンちゃん的まとめ

やはり若い世代に対しては、あくまでも同じ目線でアプローチする事が大切だ、

と感じた今回のPR(ステージ・イベント現場・ネット広報等々)

そしてまた、まずは発信するこちら側が楽しむ姿を大衆に見ていただき、

明るいポジティブなイメージを持っていただきたいと、強く感じたのでした。


また、今回名古屋イベントで出会ったウェブライターさんが、

ナシータを含めてイベント内容を記事にして下さいました。


( ↓ 以下掲載先)

掲載元リアルライブ http://npn.co.jp/article/detail/19045361/   
 (mixiニュースにも転載済み→期間限定)
   
 ネタりか http://netallica.yahoo.co.jp/collect/mark/153337
   
 エキサイト http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20101122/Real_Live_2596.html
 
 ニフティ  http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/rl-20101122-4611/1.htm
 
 ライブドア  http://news.livedoor.com/article/detail/5156710/

 

がんばったナシータより・・・

「次も、が、がんばるぞ~」( ̄ω ̄;)フゥ

どこからでもかかってこい!!

kakatekoi.JPG

 

tukareta.JPG

バタッ・・・やられた・・・うう・・・

 

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る