2010年10月

きりぞうブログ
メールで送る
コーナー
コーナー
投稿者:ケンちゃん

大阪城公園太陽の広場で開催された

          「第26回ワンコリアフェスティバル 2010 in JAPAN」

 

鳥取県ブースの一部を、

大阪府内にチェーン店を構える海鮮居酒屋・岩山海(とっとり・いなば協力店)と、

鳥取市関西事務所さんとで運営しました。

buppan.jpg

tottoribu-su.jpg

        観光ポスターのパネル展示や1市4町のパンフレットを配布しました。

 

カニーラ&ナシータと共に、鳥取の観光PRに精を出して来ました!

 ♪\(>▽・)><(・▽<)/♪

 

 
nasi-ta3.jpg

 

午後から雨が降ったこともあって、午前中順調だった売れ行きがちょっとダウン ↓

。・゚・(つД≦`)・゚・。

でも大阪の人って飴ちゃん好きなんですねぇ(笑)

アンケート回答者に二十世紀梨飴をもれなく贈呈ってことで、

因幡地域にまつわるアンケート調査を実施したら、

なんとアンケート回答者の順番待ち行列ができるほどの盛況ぶり アセ(。_。;)アセ

 

 

anke-to.jpg

 

いただいたアンケートは詳しく分析しようと思いますが、

砂像の町・鳥取に対する関心は高く、

知人にPRしたいと、因幡地域の様々なパンフレットを大量に持ち帰る方もおられました。

今回の大阪での広報活動では、

今後のPR活動に生かせる多くのヒントがあり、

更なる鳥取・因幡地域のPRの重要性を強く感じたのでした。


これからもカニーラ&ナシータは、

鳥取・因幡PR隊長としてがんばるぞー ファ━(`・ω・´)━イトォ

 

 

 

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
New

マコモタケ収穫祭

投稿者:めぐリズム 投稿者:グッピィ

めちゃめちゃ楽しかったマコモタケ収穫祭 ♪⌒ヽ(*゚ω゚)ノ ヤッターッ

さる10/23(土)、日ごろの行いがいいからでしょう(笑)大変なお天気に恵まれて、

めぐリズムといずみーるの二人は、岩美町のマコモタケ収穫祭に参加いたしました。

鎌を持つのも初めてと言う都会っ子の二人でしたが( ̄ー ̄ん?)・・・(小さいことは気にしない)

それなりにサクサクと刈り取ることができましたよ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ♪

 

syukaku2.JPG

izumi-ru.JPG

収穫後はまこもっちゃんと記念撮影!(まこもっちゃんプロフィール

makomottyan.JPG

いずみーるとめぐリズムはどこにいるでしょう?

その後は収穫したマコモタケを使ってのお料理や、

 

makomomazegohan.JPG

makomosuimono.JPG

makomotenpura.JPG

makomokinpira.JPG

makomotyuka.JPG

makomonimono.JPG

乾燥させたマコモタケの葉を使ってリース作りと、楽しいプログラムが続きます。

ri-sudukuri.JPG

ri-su.JPGri-su2.JPG

 

 
 
いずみーる、めぐリズム、渾身の傑作、ハロウィンのリースでございます(*・ω・*) 照

秋晴れの一日、本当に楽しい時間を過させていただきました。

お世話くださった、岩美町のスタッフの皆様、お疲れ様でした。

ヽ(ღ✪‿✪【*◆*――オツカレサマ――*◆*】✪‿✪ღ)ノ

そしてありがとうございました。 <(_ _*)> ペコリ

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム

不動院岩屋堂は、修験道寺院の建築として知られ、天然の岩窟内にある舞台造りの建物。
本道の不動明王は、弘法大師が刻んだもので、「日本三大不動明王」の一つだと言われています。

★豆知識★
修験道(しゅげんどう)とは、山へ籠もって厳しい修行を行う事で、様々な「験」(呪術的力)を得る事を目的とし、日本古来の山岳信仰が仏教に取り入れられたものだそうで、修験道の実践者を修験者または山伏と言います。

2010_10_25_blog001.jpgすごいですねぇ…Σ(゚_゚;)!!!
こんな岩窟にどうやって造ったんでしょう?


周りの巨木も苔むしていて、何かしら不思議なパワーを感じます( ̄^ ̄)

2010_10_25_blog002.jpg

近くを流れる清涼な川の流れも心を癒してくれます。

2010_10_25_blog003.jpg深まりつつある秋の気配を感じつつ、かつてこの場所で、この建築に携わった人々を偲びます。
その人々は、長い長い時を経て、ここでこんな風に見上げる人のいることを想像したでしょうか?
ただ無心に木を削り、運び、組み立てていったのでしょうか?

そしてまた長い長い時の流れの向こうで、
わたしたちの子孫がここに立つことがあるでしょうか?

歴史的建造物を前に、ふとそんなことを思ったのでした。

2010_10_25_blog004.jpg

2010_10_25_blog005.jpg

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム

マコモは、イネ科の多年草で、マコモの若い茎が肥大化した部分がマコモタケです。
タケノコのような食感と、ほのかな甘味が特長で、そのうえ低カロリーで食物繊維が豊富なのでダイエットにお勧めです。
女子には嬉しい(*´Д`*)。デスネェ・・♡
なんと、中国では高級食材なんですってw(● ̄0 ̄●)wワォッ!!!
日本では水田の転作作物として特産化している地域もあるのですが、
ここ鳥取岩美町もマコモタケが特産品なんですよ~!
ヨロシク♪ヾ(● ̄ x  ̄)ノ゛
 

今週末、10/23(土)~10/24(日)には
岩美町マコモタケ収穫祭が開催されます。


マコモタケ収穫体験やマコモタケ料理教室などが楽しめるそうです。

それに先立ちまして、不肖めぐリズムが、
岩美町特産マコモタケ料理に挑戦いたしました┣¨ク┣¨ク((*゚▽゚*))┣¨ク┣¨ク

甘みと食感が遺憾なく味わえる天ぷら、めぐリズム一押しでございます。
makomo_cook01.jpg
鮭とマコモタケとシメジでホイル蒸し…バターとレモンが隠し味。
makomo_cook02.jpgマコモタケがほのかに甘いので、薄味の調理でも十分美味しくいただけます。
魚介やお肉と一緒に炒めたり煮たり、なんにでも合う食材です。

食欲の秋、まだマコモタケを知らない方がいらしたら、是非とも食してみられることをお勧めします。
 

 

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:グッピィ

 

 

昭和30年代の山村風景が今も残る「板井原集落」
板井原川沿いに立ち並ぶ古民家のひとつを利用したカフェ「野土香」へ行ってきました。
またまためぐりずむ&いずみーるでお出かけデス♪♪

nodoka01.jpgnodoka02.jpg格子戸を開けると、土間があり、そこを上がると囲炉裏も切ってあります。
囲炉裏端でくつろぐもよし、窓際のテーブル席で、集まる野鳥を見るもよし(´ω`)♪

 

山の上の喫茶店&ギャラリー/野土香
住所:鳥取県八頭郡智頭町市瀬(板井原)1947
TEL:0858-75-3017
営業時間:10:00~日暮れ頃
休業日:火曜日、水曜日不定休   ※12~3月は火・水曜日お休み
(積雪状態により休みになることもあるのでご確認ください。)
駐車場:公民館駐車場利用
nodoka03.jpg

自家製のパンで作る「野土香サンド」や、手作りケーキも評判です。
無農薬のコーヒー、きび糖、放し飼いの鶏の卵など体に優しいものが中心のメニュー。
この日は手づくりチーズケーキをいただきました(*´∀`*)
ケーキもクリームも優しい甘さで、一気に食べちゃいましたっ☆

nodoka04.jpgヤマガラも窓のそばにやってきてくれました∑(゚д゚*)スゴーイ

ひんやりとした清浄な空気を胸いっぱい吸い込んで、澄んだ小川のせせらぎと鳥のさえずりをBGMに、深まりつつある秋の気配を堪能した午後のひと時でした。

nodoka05.jpg路地の脇に薪が積んであったり、かわいい野花が咲いていたりする板井原。薪のお風呂に入ったことはないけれど、なんだか懐かしくて優しい気持ちになれるそんな場所デス・・・(*゚―゚*)ホワン

紅葉が色づき始めた山肌を眺めながら散策を楽しんで、野土香でほっこりひと休み・・・。
そんな秋の休日の過ごし方はいかがでしょうか?(´∀`*)


 

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る