きりぞうブログ

きりぞうブログ
メールで送る

新着記事 新着記事 新着記事

コーナー
コーナー
New

かすみ・かに感謝祭

投稿者:めぐリズム

20190224kasumi.jpg

2月24日、兵庫県香住・柴山港で「かすみ・かに感謝祭」が行われました。

香住の2月は感謝の気持ちでおもてなし、ということで、かにはもちろん、

かに汁のふるまいや、カニ雑炊、エビのから揚げなどがお得な価格で販売されるなど、

専用ブースには長蛇の列ができていました。

20190224kasumi2.jpg 20190224kasumi3.jpg

20190224kasumi4.jpg 20190224kasumi5.jpg

20190224kasumi6.jpg 20190224kasumi9.jpg

20190224kasumi14.jpg 20190224kasumi8.jpg

 

20190224kasumi10.jpg

20190224kasumi11.jpg 20190224kasumi12.jpg

干物やかにの加工品など様々な出店がありましたが、あっという間に売れていくものもあり、

会場は終始にぎわっていました。

20190224kasumi13.jpg 20190224kasumi15.jpg

 

20190224akaika.jpg

ステージイベントの目玉ともいうべき、赤いかの解体ショーが始まりました。

この日用意された赤いかは、重さ15.4㎏、長さは147㎝、

約838人分のさし刺身が取れるという事でした。

20190224akaika3.jpg 20190224akaika4.jpg

まず真ん中からまっすぐ切り開かれて、軟骨を取り除きますが、デカいです!

20190224akaika5.jpg 20190224akaika6.jpg

ひっくり返すのも大仕事、二人がかりでよっこらしょ!

そして皮をむきますが、

一人が押さえて、もう一人が渾身の力を込めて引っ張ります。

20190224akaika7.jpg 20190224akaika8.jpg

あまりにも力を入れすぎたためか、テーブルの脚が折れるというアクシデントが( ̄▽ ̄;)

20190224akaika9.jpg

アクシデントを乗り越え、やっと皮をむくことができました。

このあと短冊に切り分けられた赤いかは、販売されたのですが、

販売開始からすぐに、ものすごい列ができていました。

20190224akaika10.jpg

赤いかの美味しい食べ方としては、お寿司、ステーキ、刺身、天ぷらなど。

もちもちしてとても美味しいですよ。

 

帰り道、とてもお天気が良かったので、今子浦に立ち寄ってみました。

20190224imakoura.jpg青空と美しい海が印象的です。

そしてカエル島がくっきりとその姿を見せていました。

 

 

きりぞうからメッセージ

かにの季節もあと少しだけど、やっぱりかには美味しいよね(*^^)v

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:こむたん

2月23日(土)11時より、鹿野往来交流館「童里夢」にて「西いなば逸品まつり」が開催されました。

20190223ippin.jpg

例年開催していますが、「逸品まつり」との名称では第2回の開催となります。

受付でチケット(100円で5回分の試食券)を購入して、

お目当ての「逸品」を味見する仕組みとなっています。

近隣のみならず遠方より大勢の方が来場され、

早々に売り切れとなる逸品もあり、大いににぎわっていました。

20190223ippin3.jpg 20190223ippin4.jpg

20190223ippin5.jpg 20190223ippin2.jpg

 

20190301ippin.jpg

当日出品された逸品の数々です 

きりぞうからメッセージ

西いなばの逸品、全制覇した人はいたのかなぁ?

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
New

第24回西日本雪合戦

投稿者:井田大器

若桜で行われた西日本雪合戦大会にお邪魔しました。

会場は天候に恵まれ、青空の下で大会が開催されました!

20190202yukigassen.jpg

選手はまず雪玉を作る器具で雪玉を作ります。

20190202yukigassen2.jpg 20190202yukigassen3.jpg

選手は、みんなで協力して雪玉を作っていきます。

20190202yukigassen4.jpg 20190202yukigassen5.jpg

 

試合は7人で始まり、相手のフラッグを取るか、相手に雪玉を当て、

相手のチーム人数を自分のチームが超えれば勝ちです。

20190202yukigassen6.jpg

20190202yukigassen8.jpg

20190202yukigassen7.jpg 20190202yukigassen9.jpg

20190202yukigassen10.jpg

攻める人、旗を守る人、雪玉をチームメイトに運ぶ人、

各チームの戦術によって、様々なフォーメーションがあります。

 

20190202yukigassen11.jpg

会場ではポケモンのサンドとアローラサンドが遊びに来ていました。

 

20190202yukigassen12.jpg 20190202yukigassen13.jpg

雪合戦大会は予選リーグと決勝トーナメントが行われますが、

決勝戦は白熱の試合が行われました。

20190202yukigassen14.jpg

「TEAMイシダJr」が昨年に引き続き優勝し、2連覇を飾りました!

皆さんの熱気で、雪も溶ける熱い戦いが繰り広げられました。

(取材者 井田大器)

 

きりぞうからメッセージ

いいお天気だったし、熱い戦いに選手も応援団も大盛り上がりだったよ!!

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
New

第20回智頭宿雪まつり

投稿者:めぐリズム

20190202yukimaturi3.jpg

第20回雪まつりに行ってきました。

雪灯籠に火が入る前からお客さんでにぎわう智頭宿。

鳥取市内はいいお天気で暖かでしたが、やはり智頭に入ると何度か気温が低いようで、

雪はほぼないものの、雪まつりらしい寒さでした。

20190202yukimaturi.jpg 20190202yukimaturi2.jpg

あちこちに町内の方が作った雪像や雪だるまが飾ってあって、

それを見つけながら歩くのも楽しい♪

 20190202yukimaturi5.jpg 20190202yukimaturi6.jpg

ふるまいのジビエにはたくさんの人だかりが・・・美味しそう(^_-)-☆

あたたかい焼芋の誘惑もhappy02

 

20190202yukimaturi7.jpg

少しずつあたりが暗くなり、灯ろうに火がともり始めます。

 20190202yukimaturi9.jpg 20190202yukimaturi14.jpg

20190202yukimaturi10.jpg 20190202yukimaturi11.jpg

20190202yukimaturi12.jpg 20190202yukimaturi16.jpg

かまくらの中は子供たちで満員!

かき餅を七輪で焼いて食べます・・・昔懐かしい光景。

20190202yukimaturi13.jpg

20190202yukimaturi17.jpg 20190202yukimaturi19.jpg

20190202yukimaturi24.jpg

20190202yukimaturi21.jpg

素敵な笑顔いただきましたheart02

 20190202yukimaturi20.jpg 20190202yukimaturi15.jpg

智頭宿はしんしんと更けてゆき、

足元に淡い火影を揺らす雪灯ろうと、かがり火や焚火の炎が独特な雰囲気を醸します。

20190202yukimaturi18.jpg

 

20190202yukimaturi22.jpg

20190202yukimaturi26.jpg

竹灯ろうの美しい細工が輝く民家の軒先。

20190202yukimaturi25.jpg

20190202yukimaturi27.jpg

智頭宿の冬の風物詩、雪まつりの夜でした。

 

20190202yukimaturi23.jpg

来年もまた来てねsnow

かわいい雪だるまに見送られて、帰路につきました。

 

 

きりぞうからメッセージ

智頭宿雪まつりは、ほのかな灯りに導かれて幻想的だね~

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:こむたん

20190128momote5.jpg

兵庫県香美町香住区余部の御崎地区

 

壇ノ浦の戦いで敗れた門脇宰相平中納言教盛

(かどわきさいしょうへいちゅうなごんのりもり=平教盛、平清盛の異母弟)を大将とし、

伊賀平内左衛門家長、矢引六郎右衛門らが同じ船に乗り込み、遠く壱岐、対馬方面に逃れようとしたところ、

日本海を漂流し香住の近くに流れ着き、磯づたいに御崎まで落ち延び、土着したといわれています。

当地にはそれを裏付けるかのように門脇家、矢引家が現存し、ここで生活されています。

そして現在も伝承されている平家にまつわる行事の一つ、

「百手(ももて)の儀式」が毎年1月28日(午後3時半頃から)に行われています。

 

20190128momote.jpg

午後3時半過ぎ頃公民館を出発し、

地区内を平内神社に向けて「控え控え、脇に寄れ」と叫びながら行列します。

 

氏神の平内神社で、門脇、伊賀、矢引の武将にふんした3人の少年が、

境内の御神木に源氏に見立て掲げた的めがけて、

地区内で採取した竹で作った弓矢で101本の矢を射るもので、

歩射という弓の神事から始められたといわれています。

平家の無念を晴らすとともに、士気を鼓舞し平家再興を夢見て受け継がれてきた伝統行事です。

20190128momote2.jpg

20190128momote3.jpg

20190128momote4.jpgのサムネイル画像

手じまい

 

 

●御崎へのアクセス
国道178号余部地区内の信号を鳥取方面からは左折(豊岡方面からは右折)約3キロ

きりぞうからメッセージ

平家伝承の地では、こうして伝統行事が連綿と続いているんだね!

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る