メールで送る

春の鳥取市

【仁風閣】

鳥取藩主であった池田仲博侯爵によって建てられた仁風閣。桜の名所としても有名で花見シーズンになると多くの花見客が訪れ賑わいを見せています。

仁風閣

鳥取市の特徴 鳥取市の特徴

いなばのまちおさんぽ会女子部で素敵発信中!女子部 渡辺&竹内&田村

女子部:渡邉 志保

女子部:渡邉 志保

結構辛口トークで毒を吐きまわっていますが、根はいいヤツです(笑)
アラサーとアラフォーの微妙なところをいってますが、意外にいまだに八上姫のモデルをしたり、イベントでも小回りきいてます。

女子部:竹内 徳美

女子部:竹内 徳美

きれいなもの。 美味しいもの。 楽しいこと。 風のように感じるままに過ごす時が、元気になれるひとときです。

女子部:田村 仁美

女子部:田村 仁美

鳥取は、山も海も近くてきれいで、大好きです。鳥取の、ファンがもっと増えたら、とっても嬉しいです。

区切り線
砂の美術館

日本最大級の砂丘鳥取砂丘

日本最大級の鳥取砂丘は、鳥取市が誇る代表的な観光地として年間190万人以上の観光客で賑わいます。砂を素材にした彫刻“砂像”を展示する「砂の美術館」は、新しい観光スポット。
現在は市内のイベント会場や観光施設などにも砂像を制作し、“砂像のまち鳥取”としての取り組みを始めています。

鳥取砂丘 見どころ完全ガイド
砂の美術館
鳥取砂丘
区切り線
鳥取しゃんしゃん祭

鳥取しゃんしゃん祭

鳥取の夏を代表する市内最大のお祭「鳥取しゃんしゃん祭」。4000人以上の踊り子が、鈴のついたカラフルな「しゃんしゃん傘」を持って、鳥取駅前の大通りを踊り歩きます。因幡地方に伝わる「因幡の傘踊り」をアレンジして、誰でも簡単に踊れる振りつけの「しゃんしゃん傘踊り」が考えられ、昭和40年に始まりました。毎年10万人以上の人で賑わう「鳥取しゃんしゃん祭」は、日本を代表する祭のひとつとなっています。

⇒詳しくは「鳥取しゃんしゃん祭」ホームページで

鳥取しゃんしゃん祭
鳥取しゃんしゃん祭
区切り線
鳥取三十二万石お城まつり

鳥取三十二万石お城まつり

江戸時代、鳥取藩池田家32万石の城下町として栄えた鳥取。市内中心部にそびえる久松山には、今も石垣や城門が残ります。毎年、「鳥取三十二万石お城まつり」が開催され、時代行列が行われるなど“城下町鳥取”の風情を楽しむことができます。

鳥取三十二万石お城まつり
鳥取三十二万石お城まつり
区切り線
因州和紙

「流しびな」「因州和紙」

鳥取市用瀬町に伝わる「流しびな」の風習は、男女2対の紙びなをさん俵に載せて川に流し、1年の無病息災を祈る、江戸時代から続く伝統行事。旧暦3月3日に行われる流しびな行事には、観光客をはじめ写真愛好家も多く集まります。

1000年以上の歴史を持つ因州和紙は、鳥取市青谷町・佐治町が2大産地。書道用和紙の生産量は日本一で、東京・浅草「雷門」の大提灯にも使われています。

因州和紙
流しびな
区切り線

恋愛パワースポットも各地に。

鳥取市は神話「因幡の白うさぎ」の舞台です。
鳥取市の白兎(はくと)海岸で大国主命(おおくにぬしのみこと)と出会った白うさぎは、美しい八上姫(やかみひめ)との結婚を予言し、2人の縁を結んだと語られています。
白うさぎを祀る白兎神社は縁結びスポットとしても人気です。
また、八上姫のふるさと鳥取市河原町には、八上姫を祀る売沼(めぬま)神社があり、道の駅「清流茶屋かわはら」では縁結び祈願もできます。

流しびな
区切り線
温泉王国 いなば温泉郷

温泉王国 いなば温泉郷

鳥取県は、「鳥取10温泉」と言われるほどの温泉王国。
そのうち4つが鳥取市にあります。
詳しくは「いなば温泉卿」ホームページで

温泉王国 いなば温泉郷
温泉王国 いなば温泉郷

鳥取温泉

全国でも珍しい、繁華街に沸く天然温泉。鳥取駅から徒歩圏内に、老舗旅館や立ち寄り湯があります。

鹿野温泉

山あいの城下町に沸く温泉。歴史が薫る街並みを散策しながら、ゆっくりと風情に浸ることができます。

浜村温泉

民謡「貝がら節」の故郷。山陰一ともいわれる豊かな湯量を誇り、小泉八雲の著書でも紹介されています。

吉岡温泉

江戸時代、鳥取藩主池田氏も当時訪れたという歴史ある名湯。夏にはホタルの名所としても賑わいます。

区切り線

人気のグルメ

海と山に囲まれ、自然の恵みが溢れる鳥取は、日本海の冬の味覚の王様「松葉ガニ」特産品「二十世紀梨」はもちろん、“地元ならではの味”も豊富です。 私たちがおすすめする人気の3品を紹介します。
その他詳しい情報は「鳥取市ふるさと物産館」サイトで

【とうふちくわ】

【とうふちくわ】

豆腐と魚のすり身でつくったふわふわのちくわは、江戸時代から守られる伝統の味。今も愛されています。

【砂丘らっきょう】

【砂丘らっきょう】

夏は地表面温度60℃、冬は氷点下という過酷な条件下で育つ砂丘らっきょうは、シャキッとした歯ごたえと透き通る白さが人気のブランド品。

【鳥取カレー】

【鳥取カレー】

知る人ぞ知る豆知識、実は鳥取市はカレールゥの消費量が全国的に常に上位ランク。街の中にも、さまざまなオリジナルカレーのお店が出来ています。

区切り線

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る