この山の魅力

篭山は因幡地方の南方、智頭町と鳥取市との境に位置する標高905mの山です。

篭山は鳥取市の賀露港の漁師が目印としていた山で、麓から眺めてもひときわ存在感があります。

篭山には「蛇の輪(じゃのわ)」というヘビの伝説が残っています。

恋に破れた娘の魂がヘビとなってこの山に棲みつき、大蛇が輪になったような跡が山の中腹に出現したと言い伝えられています。

また、昭和34年には登山口付近のドウシキ河原でツチノコが目撃され、総出で探し出そうと騒動が起こりました。

このように篭山はミステリアスな一面を持つ山でもあります。

登山口は、坂原集落から舗装された林道を車で10分ほど登ったところにあり、つづら折りの林道を経て、

見晴らしのよい尾根伝いに山頂を目指します。登山道は整備されており、

3時間30分ほどで往復することができる手軽なコースです。

山頂周辺には高い樹木がないため、北の方角に鳥取平野や千代川、鳥取砂丘、日本海、東の方角に氷ノ山や扇ノ山、西の方角に大山、

南の方角には那岐山など中国山地の山々を見渡すことができます。

この山の植生は、中腹はブナやミズナラなどの落葉樹とスギなどの針葉樹が混在していますが、

尾根付近から山頂にかけてはササやススキなどの低木が生い茂る景色に一変します。

また、山頂一帯は5月中旬~下旬に満開のツツジでピンク一色に染まります。

篭山の登山口までは智頭駅から車で約20分、

智頭駅周辺の智頭宿には京阪神方面からもJR(智頭急行)や高速バスで簡単にアクセスできます。

篭山の麓には国宝や重要文化財を有する豊乗寺(ぶじょうじ)、八岐大蛇退治の彫刻を有する金刀比羅神社、

急峻な斜面に3段の平地を残す岩神城跡など、歴史豊かな見どころが点在しています。

つづら折りの林道や見晴らしのよい山頂など多彩な「篭山」の魅力を是非お楽しみください。

おすすめシーズン

  • 展望に優れたルート
    展望に優れたルート
  • お花がいっぱい
    お花がいっぱい
  • 紅葉がステキ
    紅葉がステキ
  • 濃い緑:山行に最も適した時期
  • 薄い緑:山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ルート長登山口駐車場~山頂~登山口駐車場6.8kmKm
標高差(上り)約475m(登山口駐車場標高約430m、山頂905m)m
行程:

登山口駐車場=20分=牛つなぎの木=30分=尾根合流地点=30分=急勾配登山道合流地点=40分=山頂=同じルートで下山1時間30分(歩行時間 3時間30分)

詳細情報

おすすめ
ポイント
見晴らしの良い低木の山頂。
5月中旬~下旬に山頂一帯が満開のツツジでピンク一色に染まります。
登山計画書
提出先
なし
駐車場登山口駐車場に数台
トイレなし
アクセス智頭駅から登山口駐車場まで車で約20分
アドバイスルート上に水場およびトイレがない。トイレは前もってすませること。
サブコース・岩神登山道
・惣地・ナメラ谷ルート
エスケープルート登った道を引き返すのが安全です。
注意事項クマに注意。マムシや虫の被害を避けるため、長袖長ズボン推奨。

他山のぼりの心得をチェック!

【記入者】

所属・氏名智頭町総合案内所(一般社団法人智頭町観光協会) 0858-76-1111

地図・標高グラフ

篭山図

①登山口駐車場。付近の林道脇に数台駐車できます。 1
①登山口駐車場。付近の林道脇に数台駐車できます。
②登り始めは、ナラやブナなどの広葉樹の林をくぐります。秋は紅葉が見事です。 2
②登り始めは、ナラやブナなどの広葉樹の林をくぐります。秋は紅葉が見事です。
③牛つなぎの木。昔は牛に草を与えるために、この辺りまで牛を連れてきていたと言われています。 3
③牛つなぎの木。昔は牛に草を与えるために、この辺りまで牛を連れてきていたと言われています。
④篭山の中腹には、かつてミステリーサークルのような模様が浮かび、「蛇の輪」と呼ばれていました。 4
④篭山の中腹には、かつてミステリーサークルのような模様が浮かび、「蛇の輪」と呼ばれていました。
⑤尾根合流地点。ササやススキの低木が生い茂る、見晴らしの良い尾根伝いの道が続きます。 5
⑤尾根合流地点。ササやススキの低木が生い茂る、見晴らしの良い尾根伝いの道が続きます。
⑥漁師が目印にしていた山だけに眼下に千代川、遠くに日本海が眺望できます。 6
⑥漁師が目印にしていた山だけに眼下に千代川、遠くに日本海が眺望できます。
⑦急勾配登山道合流地点。 7
⑦急勾配登山道合流地点。
⑧山頂の手前数百メートルに無線塔がそびえます。ここまで来れば山頂まであと一息です。 8
⑧山頂の手前数百メートルに無線塔がそびえます。ここまで来れば山頂まであと一息です。
⑨山頂に到着です。登山口から山頂までの看板には一言添えられていて、癒しや励みになります。 9
⑨山頂に到着です。登山口から山頂までの看板には一言添えられていて、癒しや励みになります。
⑩山頂からは、那岐山などの中国山地の山々、西に大山を眺めることができ、抜群の見晴らしです。 10
⑩山頂からは、那岐山などの中国山地の山々、西に大山を眺めることができ、抜群の見晴らしです。
⑪山頂一帯は5月中旬~下旬に、満開のツツジでピンク一色に染まります。 11
⑪山頂一帯は5月中旬~下旬に、満開のツツジでピンク一色に染まります。
⑫山頂から同じルートで下山します。1時間30分ほどで登山口駐車場に到着します。 12
⑫山頂から同じルートで下山します。1時間30分ほどで登山口駐車場に到着します。