メールで送る
隼駅祭り
  • トライアル民泊
  • フォトライブラリー

知っておきたい聖地・隼駅 ライダーはなぜ集う?

聖地「隼駅」を訪れる前に知っておきたい隼駅のこと! 隼駅の由来、歴史、なぜ愛好家たちはこの地にやってくるのか!

ライダー達を魅了する「隼駅」徹底解析! 隼駅の由来・歴史

木造平屋建て本屋の北側にプラットホームが連続するノスタルジックな駅舎は、訪れた人々をあたたかく迎えてくれます。
隼駅は、昭和3年以降、昭和5年に若桜駅までの前線が開通する間の終着駅であったため、本屋の他にも乗務員休憩所など、他の駅では見られない建物が設けられていました。
外観だけでなく、待合室内部も当時の姿を良く残しています。2008年(平成20年)には国の登録有形文化財に登録されました。

2009年より、「隼駅まつり」が開催せれるようになりました。
バイク専門誌『月刊ミスターバイク』の2008年8月6日発売号で、「8月8日はハヤブサの日」と銘打ち、スズキの大型バイク「スズキ・GSX1300Rハヤブサ」オーナーに「隼駅に集まろう」と呼びかけたのがきっかけとなりました。
発売から2日後にもかかわらず当日は7台のバイクが集まり、以来、ハヤブサ乗りの聖地として隼駅にはライダーが集まるようになりました。

そんな素朴な集まりがあった1年後の2009年、参加者は500名余りと急上昇!人数が多すぎて駅前では集合写真が撮れず、隼小学校のグランドで撮影が行われました。その後も二輪専門誌やSNS等で広がりをみせ、今では多くのライダーが集まる、年に一度の大イベントとなっています。2015年、第7回隼駅まつりでは、過去最高1,200台が集結しました。

「隼駅を守る会」(会長/西村昭二さん)が主催となり、地域の活性化を図ろうと「隼駅まつり」は毎年開催されています。。
地元の特産品販売や伝統芸能のステージを楽しんだり、バイクメーカーのスズキが毎回協賛しており、グッズ販売などのイベントもおこなわれています。


「隼駅まつり」から始まった 隼ライダー達の聖地 聖地を守る人々

2009年、第一回隼駅まつりでは、小さな無人の駅が都会の混雑した駅のように変身し、地元住民をはじめスッタッフ一同、反響の大きさに驚きました。隼ライダー様はもちろんのこと他の車種のライダー様、バイクに興味のある方、鉄道ファンの方、ぜひ隼駅においでください。皆様のお越しを住民、スタッフ一同、心よりお待ちしています。

We LOVE HAYABUSA
守る会会長 西村昭二さん

隼駅を守る会の西村です。
スズキの大型バイク『隼』ライダーが無人駅の『隼駅』に来られるようになって、おもてなしの気持ちで『隼駅を守る会』を立ち上げました。
私たちが気をつけたのは、駅の周辺環境整備で、特にトイレをきれいにしたいという思いがありました。
皆さんに気持ちよく来ていただいて、帰っていただきたいという思いがあり、ライダーハウスとしてブルートレインを設置したり、地域の人たちとのコミュニケーションの場として『HOME8823(ホームハヤブサ)』という店ができたり、少しずつ地域の皆さんの思いがライダーさんと通い合う地域になってきました。
将来的には、バイクと隼地域と若桜鉄道が一体となって、ゆとりのある『隼地域』を見に全国から来ていただいたらありがたいと思っています。

守る会会長 交通安全部会 交通安全協力隊 隊長 永田 正一さん

守る会
交通安全部会 交通安全協力隊隊長 永田 正一さん

隼の聖地 隼駅 そして隼駅まつりの開催により通年に渡り全国から多くのライダーの方がおいでになり、「一度は隼の地へ!」 と足を運んで頂けるほど有名になりました。
これまでに郡家警察署管内「交通安全パレード」のほか隼駅まつりのボランティアなど二輪車の交通安全についての啓発活動など積極的に活動を展開中です。
これからも楽しい思い出をお土産に何度も来隼にお越しいただけるよう、また何より無事故でバイクライフを送っていただくためにあらゆる活動を行って行きたいと思います。
ライダーの皆様!! 隼の地で元気でお会いいたしましょう。

HOME8823 店長 北村直人

HOME8823店長の北村です。
隼地域にHOME8823ができて早くも3年目を迎えようとしてます。地域の方々をはじめ、たくさんの皆様に支えられ感謝し、今後もより頑張っていきます!
これまで、何もなく静かな場所が今や少しずつではあるが人が集まり、活気がでてきました!まだまだ隼地域は変わっていきます!そして八頭町、鳥取と元気にしていきます!今後の行方にも注目して下さい‼

BASE8823スタッフで隼ライダー山村

ゲストハウス「BASE8823(ベースハヤブサ)」スタッフで、隼ライダーの山村です。
ライダーの聖地隼駅のある若桜鉄道沿線には、都心部には無い心癒されるどこか懐かしい風景があり、魅力的な方々が沢山いらっしゃいます。
また、田園地帯や山間部から少し走れば海にも出られるという変化に富んだところで、ツーリングコースとしては最適です!
そんな魅力に惹かれ、隼という一台のオートバイがきっかけで2016年の春に奈良県香芝市から八頭町に移住しました。
そして、4月からj地元出身の若者と一緒にカフェ・バー併設のゲストハウス「BASE8823」をオープンし、八頭若桜エリアの魅力を体感してもらうべく日々
お客様をご案内させていただいております。鳥取にお越しの際はぜひ「BASE8823」にお立ち寄りくださいませ。
とっておきの観光スポットをご案内させていただきます!


お問い合せ

八頭町内の観光・宿泊のお問い合わせ

八頭町観光協会(ぷらっとぴあ・やず)

ホームページを見る
  • ■住所:鳥取県八頭郡八頭町郡家648-6
  • ■電話:0858-72-6007 ■営業時間:8:30~19:00 
  • ■休業日:12月31日~1月2日

若桜町内の観光・宿泊のお問い合わせ


若桜町観光協会

ホームページを見る
  • ■住所:鳥取県八頭郡若桜町若桜341-1
  • ■電話:0858-82-2237 ■営業時間:8:30~17:15 
  • ■休業日:なし

鳥取市内の宿泊・観光のお問い合せ

鳥取市観光コンベンション協会
観光案内所(鳥取駅構内)

ホームページを見る
  • ■住所:鳥取市末広温泉町160
  • ■電話:0857-26-0756/0857-22-3318 
  • ■休業日:なし ■営業時間:8:30~19:00 

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る