メールで送る
コーナー
コーナー
New

貸切列車「あまつぼし」で行く あま~い恋の旅②

投稿者:めぐリズム

20180609amatu19.JPG

さて、智頭駅を出発した「あまつぼし」は、

途中恋山形駅で降車して「恋山形駅5周年記念イベント」を見学。

その後、河野原円心駅で皆さんには下車していただき、

そこからは神姫観光バス「Yuttarina」で平福宿に向かいました。

20180609amatu33.jpg

バスの車内でもスイーツが提供されました

兵庫県赤穂/陶酔房:もろたまプリン

20180609amatu23.JPG

宿場町 平福

今に残る町並みは、江戸時代初期、池田氏により城下町として整備されました。

一国一城令により利神城が廃城となったため、城下町としての歴史は短かったが、

その後、陣屋や鳥取藩本陣が置かれ因幡街道有数の宿場町として発展しました。

南北1.2kmの区域300戸余りの家の約8割に屋号がつく商人の町となり、

昭和初期まで因幡街道・佐用の中心として繁栄しました。

 

そんな平福宿をガイドと共に町歩きします。

20180609amatu20.JPG 20180609amatu22.JPG

平福宿ガイドの春名さん

20180609amatu21.JPG

平福道の駅では、縁起のいいツバメにも出会いました

20180609amatu24.JPG 20180609amatu25.JPG

20180609amatu27.JPG 20180609amatu26.JPG

20180609amatu28.JPG

住民の方の心遣いが嬉しいですね

20180609amatu29.JPG

交番もなんだかおしゃれwink

20180609amatu32.JPG

20180609amatu31.JPG

お天気が良くて、素敵な景観を堪能することができました

 

SKM_C224e18061816030_0001.jpg

今回のあま~い恋の旅で提供された、智頭急行沿線厳選スイーツのお品書き 

あまつぼしで行く貸切列車の旅、次の企画が待ち遠しいですね!

 

きりぞうからメッセージ

宿場町の歴史をひもときながらの町歩き、風情があっていいね~

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る