2018年4月

きりぞうブログ
メールで送る
コーナー
コーナー
投稿者:めぐリズム 投稿者:いっちー

20180425hina.jpg

旧暦の3月3日、今年は4月18日でした。

当日の様子をフォトギャラリーでお楽しみください。

20180425hina2.JPG 20180425hina3.jpg

20180425sandawara.JPG

20180425matinaka.JPG 20180425matinaka3.jpg

20180425matinaka1.JPG 20180425matinaka2.jpg

20180425matinaka4.JPG 20180425matinaka5.JPG

20180425nagasibina.JPG

20180425motigaseeki.jpg

20180425matinaka6.JPG 20180425matinaka7.JPG

20180425matinaka8.jpg

20180425nagasibinanoyakata.JPG 20180425otakiage.JPG

長い時間と人々の思いの詰まったお焚き上げ前の人形たち

 

20180425nagasibina1.jpg 20180425nagasibina2.JPG

無病息災を祈っているのでしょうか?

20180425nagasibina3.jpg

20180425nagasibina4.jpg 20180425nagasibina5.jpg

20180425nagasibina6.JPG

和装っていいですね!

20180425hina4.jpg

美しい千代川をただよう流しびな

20180425syojo.JPG

たくさんのカメラマンの人気を集めていた可愛らしいモデルさん

 

20180425nagasibina7.JPG

人々の願いを乗せて流しびなが流れていきます

来年もまたここでお会いしましょう

幸せを願いに来てください

 

 

 

 

 

きりぞうからメッセージ

キラキラと川面を流れるさん俵・・・優しい思いに包まれる時間だね。

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
New

もちがせ流しびな

投稿者:井田大器

4月18日(水)

鳥取市用瀬町の「もちがせ流しびな」に行ってきました。

とてもいいお天気で、暑いくらいでした。

もちがせ流しびなのイベントに合わせて、「女子力アップツアー」も行われ、

和服を着た女性たちが町中散歩を楽しんでいました。

20180418hina.jpg

20180418hina2.jpg

 

20180418hina8.jpg

20180418hina3.jpg 20180418hina13.jpg

町中にはひな人形が様々な形で飾られていました。

自宅を開放して、ひな人形を公開しておられる方もおられます。 

 

20180418hina4.jpg 20180418hina5.jpg 20180418hina6.jpg

「もちがせの流しびな」は、鳥取県鳥取市用瀬町(もちがせちょう)で、
旧暦の3月3日に行われているひなまつりの民俗行事で、
昭和60年には「用瀬のひな送り」として県無形民俗文化財に指定されました。
米俵の蓋の部分である桟俵(さんだわら)を船にし、
男女一対の紙の雛人形を桃の小枝や菱餅と共に乗せて、
「無病息災で一年間幸せに生活できますように」との願いをこめて、
千代川(せんだいがわ)に流します。

20180418hina7.jpg

 

20180418hina9.jpg

町内にはたくさんの出店があり、つきたてのお餅の販売には長蛇の列が・・・

 

20180418hina10.jpg 20180418hina11.jpg

和装姿のかわいいお嬢さんたちや、母娘連れがたくさんいらっしゃいました。

20180418hina12.jpg

千代川に、願いを込めた流しびなが流れていきます。

(取材/井田 大器)

 

 

 

 

きりぞうからメッセージ

こんな素敵な伝統行事はこれからもずっと継承していきたいね(^^)v

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:いっちー

戦国時代の鹿野城主、亀井公が築き上げたころの面影が、まちのいたる所に今なお残る城下町「鹿野」。

このまちで400年以上の長きにわたり受け継がれ、

現在では2年おきに開催される伝統ある祭り「城山神社祭礼 鹿野祭り」に行ってきました。

20180415shikano1.JPG

 20180415shikano2.JPG

右手に竹筒を持った鎧武者がゆっくりと道を進みます。

紺屋町は鎧姿も勇ましい幟差しが見ものです!!

 

20180415shikano3.JPG 20180415shikano4.jpg 20180415shikano5.jpg

昔、侍の行列を横切った者が刀で切り捨てられたように、

この行列を前から横切ることは今なお禁じられています。

20180415shikano6.jpg 20180415shikano7.jpg

鍛冶町は榊を担ぎ、太鼓と笛の音色に合わせて家々をまわります。

その家に幸福が訪れるよう願い、家の前では「わっしょい、わっしょい」と榊を練り、

榊の枝をその家に納め、家では神棚にそれを祀り、幸福を祈るそうです。

20180415shikano8.jpg

獅子も玄関先で幸福が訪れるよう美しく舞い、最後は家の玄関の中に体を入れ、幸福を招き入れていました。

この獅子に頭を噛まれた子供は賢くなるといわれているんですよ!

20180415shikano10.jpg 20180415shikano12.jpg

御神体が迎えられた御神輿も、屋台や幟差しに守られるように、獅子舞が奉納される御神事場を目指します!

20180415shikano15.jpg

20180415shikano17.jpg 20180415shikano16.jpgのサムネイル画像

青龍(せいりゅう)がシンボルの上町の屋台です。

屋根には女若(にわか)と呼ばれる化粧姿の若者が乗り、屋台の進行を仕切っています。

とにかくすごい活気です!!

20180415shikano13.jpg 20180415shikano14.jpg

いろんなメディア取材も来ていましたよ!

20180415shikano19.jpg 20180415shikano20.jpg 20180415shikano21 .jpg20180415shikano23.jpg 20180415shikano18.jpg 20180415shikani30.JPGのサムネイル画像

みんな、笑顔、笑顔、笑顔・・・町中が笑顔で溢れています!!

DSC07041.JPG

まだまだ続き、長~い夜になるのでした♪

 

 

 

きりぞうからメッセージ

400年の歴史を誇る、古式ゆかしい祭礼。見応えたっぷりだね~♪次は2年後だね!!

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
投稿者:アキラ

20180402amatu18.jpg

平成29年4月に内装工事を実施したイベント列車が、

外装のラッピング工事を完了し、

平成30年3月18日にリニューアルデビューしました。

内装には地元の木材を使用し、外装には沿線の星空をデザインして、智頭沿線の自然を表現。

愛称名は公募により「あまつぼし(天津星)」と名付けられました。

夜空にきらめく星のように美しい列車、天空の津(港)に集う天上の星たちをイメージし、

たくさんのお客様にご利用いただき、駅や沿線においでいただけるよう願いがこもっています。

20180402amatu.jpg

20180402amatu2.jpg 20180402amatu6.jpg

20180402amatu9.jpg 20180402amatu10.jpg

車両内部 座席は36席

イベント列車として使用する際は、座席の前に木製のテーブルを設置します。

また通信カラオケ、液晶モニターも導入!

座席の下は、杉材で作られたガラリ

20180402amatu11.jpg

20180402amatu14.jpg

あまつぼし完成お披露目会&出発式の様子

20180402amatu15.jpg

 

お披露目会&出発式の参加者は約150名

 20180402amatu13.jpg 20180402amatu16.jpg

 20180402amatu12.jpg                       20180402amatu22.jpg

                                 鉄道ファンのちびっ子、地元の凌君、4歳

 

ピンク色の駅舎が可愛い恋山形駅、あまつぼしのボディカラーとよく合います(^^)v

20180402amatu17.jpg

20180402amatu21.jpg

ピンクの駅でピンクのコスチュームのお嬢さん

 


団体貸切列車

定 員 36名

区 間 智頭線内

申込日 1ヶ月前までにお申し込みください

※ 食べ物等のお持ち込みはお客様でご準備ください

※ 運賃など詳細はお問い合わせください

お問い合わせは 智頭急行運輸部営業課 0858-75-2595 / 智頭急行上郡駅 0791-52-6317

(写真提供/鈴木 明)

きりぞうからメッセージ

きらきらと星が輝く観光列車「あまつぼし」、カラオケもできるんだね~♪

コーナー
コーナー
コーナー
コーナー
New

2018年 桜

投稿者:めぐリズム

今年は春の初めに暖かい日が続き、さくらがあっという間に咲いて、

あっという間に散ってしまいました。

これからはまた春の花々が競うように、そこここで見られるようになるでしょう。

来年の春までもう見られない桜ですが、2018年の桜を、

特に幻想的な夜桜を、ご紹介したいと思います。

 

袋川

20180325sakura.jpg

20180325sakura2.jpg

20180325sakura3.jpg

20180325sakura4.jpg

20180325sakura5.jpg

 

 

因幡千本桜 桜の園

20180325sakura6.jpg

20180325sakura7.jpg

 

 

鹿野城跡公園

20180325sakura8.jpg

20180325sakura9.jpg

20180325sakura10.jpg

20180325sakura11.jpg

20180325sakura12.jpg

 

 

鳥取城跡・久松山

20180325sakura13.jpg

きりぞうからメッセージ

夜桜は幻想的だね~桜の下で地酒を嗜む・・・う~ん風流だ~

コーナー
コーナー

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る