メールで送る

秋

鹿野城下 虚無僧行脚

2年に1度開催されます「虚無僧行脚」のご紹介です。

鹿野は、東西1.2km、南北0.8kmの小さな城下町です。

そのメイン通りと裏路地を、全国から参集した尺八愛好家約50名が、天蓋(てんがい)(笠)で顔を隠し、

袈裟(けさ)と装束(しょうぞく)で身を固めた虚無僧姿になって、尺八を奏でながら練り歩きます。

この行脚は、夕暮れから夜にかけて行なわれ、家紋の入った提灯を家々の軒先に掲げ、

各通りに設置された足元行灯に明かりが灯る中、住民に見守られながら静かに進みます。

幻想的な光景に包まれながら尺八の音が佇む町に響き渡ります。

また、信仰の厚い家々から「門付け」を求められた虚無僧が、

玄関先で献奏(けんそう)する様子もよく見られます。

 

場所 鹿野町鹿野(城下町地区)
お問合せ電話番号 0857-84-1188
開催期間 2017年9月30日(土)17時~18時30分
URL http://www.shikano.org/news-blog/2017/08/post-218.html
チラシ チラシデータ

会場周辺地図

eBook & Link

観光施設・関係者の皆様へ

トップへ戻る